結婚相談所といえば婚活の定番ですが、

結婚相談所って高いし、そもそもシングルマザーだと厳しいんじゃないの?

と思って、入会を躊躇してしまうシングルマザーは多いです。

しかし、そんな事は全然ありません。

シングルマザー割引を活用すれば思っている以上に安く利用することができますし、実際に結婚相談所で再婚しているシングルマザーはたくさんいます。

そこで今回は、シングルマザー割引のあるおすすめ結婚相談所と、シングルマザーが結婚相談所を利用する際のコツを紹介します。

シングルマザー割引のある、再婚におすすめの結婚相談所

シングルマザー割引のある、再婚におすすめの結婚相談所を厳選して紹介します。

割引を上手に活用すれば、思っている以上に安く利用することができます。

シングルマザー割引適用後の料金比較

結婚相談所 初期費用 月会費
サンマリエ
100,000円
15,000円
エン婚活
9,800円
12,000円
楽天オーネット
50,000円
10,300円
ノッツェ
30,000円
3,000円

公式サイトに記載されている割引情報が少しわかりにくかったので、「結局いくらなの?」というのがわかるように、要点を絞って紹介していきます。

サンマリエ

⇒無料カウンセリングを予約する

サンマリエのおすすめポイント

大手の中ではめずらしいのですが、サンマリエは担当者に対する評判が良い結婚相談所です。

専任の担当者がつく寄り添い型の結婚相談所なので、不安な点を相談しながら婚活を進めていきたいという方におすすめです。

万が一、担当者との相性があわなかった場合は、担当を変更してほしいとメールで伝えればOKです。

再度ヒアリングをしてもらった上で、担当者との相性を優先してくれるので、気まずい思いをしなくて済みます。

サンマリエのシングルマザー割引

サンマリエには、シングルマザー専用の「母子家庭応援プラン」があります。

子供が未成年のシングルマザーに限り、通常料金から80,000~90,000円(税抜)の割引が受けられます。

地域によって金額が若干異なるのですが、例えば東京の場合、「入会金含む初期費用:10万円(税別)+月会費:15,000円(税別)」で始められます。

金額だけ見ると初期費用が若干高めに感じますが、これには専任担当者によるサポート費用が含まれているので、サービスの質を考慮すれば相応の金額感です。

入会金+初期費用:100,000円
通常料金
180,000円
シンママ割
-80,000円
割引適用後
100,000円
月会費:15,000円/月
通常料金
15,000円/月
シンママ割
-0円/月
割引適用後
15,000円/月

エン婚活エージェント

⇒無料体験に申し込む

エン婚活エージェントのおすすめポイント

エン婚活エージェントは、実店舗をもたない事で低価格を実現した結婚相談所です。

結婚相談所というよりも、「専任担当者のいる婚活サイト」という方が近いです。

店舗がないといってもサポートはしっかりしており、専任の担当者がついてサポートしてくれます。

ただ、自分から相談したり依頼したりする必要はあります。

結婚相談所の中では圧倒的な安さなので、自発的に動ける人にはすごく向いています。

エン婚活エージェントのシングルマザー割引

残念ながら、現時点ではエン婚活エージェントにシングルマザー割引はありません。

しかし、そもそもの通常料金が「登録料:9,800円(税別)+月会費:12,000円(税別)」という安さなので、他の結婚相談所の割引後の金額よりも安いです。

入会金+初期費用:9,800円
通常料金
9,800円
シンママ割
-0円
割引適用後
9,800円
月会費:12,000円/月
通常料金
12,000円/月
シンママ割
-0円/月
割引適用後
12,000円/月

楽天オーネット

⇒無料婚活診断を受ける

楽天オーネットのおすすめポイント

楽天オーネットは、会員数が多い結婚相談所です。

シングルマザー割引だけでなく、20代割引やシニア割引など、会員獲得の為の割引プランが豊富です。(※割引の併用はできません)

業界大手で全国に支店があるので、いい意味で無難な、バランスの取れた結婚相談所です。

余談ですが、楽天オーネットの運営会社はもう楽天ではありません。

楽天オーネットのシングルマザー割引

楽天オーネットには、シングルマザー専用の「子育てママ応援プラン」があります。

子供が18歳以下のシングルマザーであれば、「入会金含む初期費用:50,000円(税別)+月会費:10,300円(税別)」で利用できます。

入会金+初期費用:50,000円
通常料金
106,000円
シンママ割
-56,000円
割引適用後
50,000円
月会費:10,300円/月
通常料金
13,900円/月
シンママ割
-3,000円/月
割引適用後
10,300円/月

ノッツェ

ノッツェのおすすめポイント

ノッツェは全国に支店ネットワークを持っているので、出会いの幅が広いです。

また、ノッツェではシングルマザー限定の婚活パーティーを定期的に開催しています。

パーティー参加には別途費用がかかりますが、バツイチ限定パーティーがきっかけで再婚したという成婚報告が多数掲載されています。

ノッツェのシングルマザー割引

ノッツェには、シングルマザー限定の特別料金プランがあります。

子供が20歳未満(学生)のシングルマザーであれば、「入会金含む初期費用:30,000円(税別)+月会費:3,000円(税別)」で利用できます。

入会金+初期費用:30,000円
通常料金
77,500円
シンママ割
-47,500円
割引適用後
30,000円
月会費:3,000円/月
通常料金
4,500円/月
シンママ割
1,500円/月
割引適用後
3,000円/月

シングルマザーの結婚相談所に関する不安

やはりシングルマザーだと敬遠されるのでは?

結婚相談所に入会する際に一番気になるのは、「シングルマザーだと男性から敬遠されてしまって、入会しても全然出会えないんじゃないの?」という所ですよね。

たしかに、離婚歴や子持ちであることによって、選択肢が狭まるのは事実です。

でも、シングルマザー婚活をしてみるとわかるのですが、思っていたよりもシングルマザー理解者の男性はいます。

「離婚歴は気にはなるが、価値観さえ合えば前向きに話を進めたい」という感じの男性は、結構多いです。

結婚相談所って、あんまりいい男性がいないイメージだけど?

結婚相談所にシングルマザー理解者の男性がいたとしても、「あんまりいい感じの男性はいないんじゃないの?」という不安も正直ありますよね。

たしかに、イケメンや高所得者がうじゃうじゃいるという訳ではありません。

ですが、仕事が忙しくて恋愛にブランクがあったり、離婚歴があって再婚に慎重になっている、といった、掘り出し物の男性会員って結構いるんです。

特に、シングルマザーとバツイチ男性の相性はよくて、再婚後も上手くいきやすい傾向にあります。

やっぱり料金が高いんだけど、どうにかならない?

結婚相談所に興味はあるけれども、やはり料金がネックで入会をためらう方は多いです。

正直なところ、シングルマザー割引適用後でも料金が高いと感じるようであれば、一旦入会するのを保留にした方がよいです。

無理して入会すると、「元をとらなきゃ」と意気込んで、空回りしてしまうことがあるからです。

時間は過ぎていくので、婚活では先手先手の行動が大事ですが、それを焦りと感じると、いつも通りの自分ではなくなってしまいます。

割引や分割を駆使して、生活の余剰資金内で対応できる場合にのみ入会した方がよいです。

どうしても余裕がないけど早めに入会しておきたい、という方は、プライドを飲み込んで一時的に親から入会金分を借りるという方法もあります。

家族に頼るというのは抵抗があるかもしれませんが、恥ずかしいことではありません。

入会前に知っておくべき、結婚相談所の料金体系


入会前に知っておくべき、結婚相談所の料金体系の基本について解説します。

基本的な考え方としては、

特徴 入会金 初期費 月会費 見合料 成婚料
サポート
充実
有料 有料 有料 有料 有料
自主活動
メイン
有料 無料 有料 無料 無料

という感じです。

これを知らないと、「料金が安いから入会したものの、いざ活動してみたらサポートの満足感が低かった」というギャップが発生してしまいます。

料金も大事ですが、金額だけにとらわれずに、目的にあった相談所を選ぶのが大事です。

入会金

入会のために必要な費用で、前払いするケースがほとんどです。

結婚相談所によっては、登録料と記載されていることもあります。

入会金の分割払いに対応している結婚相談所もあるので、無料カウンセリングを受けに行った際に確認しておくと良いです。

初期費用

入会金とは別に、初期費用を設定している相談所もあります。

初期費用には、活動に必要な事務手続きと、専任担当者によるサポート費用が含まれています。

専任担当者のサポートをしっかり受けられるところほど、どうしてもこの初期費用が少し高くなります。

シングルマザー割引では、この初期費用の部分から割引を受けられるケースが多いです。

月会費

月会費は毎月支払う費用で、だいたい1万円~1.8万円くらいが相場です。

お見合い料

お見合い料は、紹介された男性と最初のデートをする際にのみ発生する費用です。

お見合い料の相場は1,500円~4,000円くらいですが、最近は無料のところも多いです。

成婚料

成婚料は、相手が見つかって退会する際に支払う料金です。

成婚料が設定されている相談所では、男女ともに成婚料を支払う必要があります。

相場は5万円~20万円くらいですが、最近は無料のところも多いです。

相手の男性が女性分も負担するケースが多いので、ここだけ甘えてしまうというのもありです。

結婚相談所入会の流れ


結婚相談所入会の流れを、ざっくり要点をおさえて解説します。

無料カウンセリングの段階では、これらの準備は不要です。

独身証明書の発行

入会の際に自分で用意すべき書類は、独身である事を証明する「独身証明書」です。

独身証明書は、自分の本籍のある役所で発行できます。

シングルマザーの場合、離婚後は実家に戸籍を戻しているケースが多いので、わからなければまず実家のある地域の自治体(区役所・市役所など)に行ってみてください。

母子家庭証明書(戸籍謄本)の発行

シングルマザー割引を受ける場合は、独身証明書に加えて、母子家庭証明書が必要になるケースがあります。

正式には、母子家庭証明書という証明書は存在せず、「母子家庭である事を証明するにあたいする書類」の事を指します。

戸籍謄本や児童扶養手当証書など、子供を扶養している事がわかる書類の事です。

入会する相談所で、シングルマザー割引をうけるために必要な書類はないか、事前に確認しておくとよいです。

プロフィール作成


入会手続きが済んだら、まず最初にプロフィールの作成を行います。

担当者がプロフィール文章の添削をしてくれるので、考えすぎる必要はありません。

一度で完成させようとせず、何度か修正を重ねながら仕上げていくイメージです。

プロフィール写真の撮影

プロフィールに掲載する写真ですが、これは結婚相談所提携のスタジオを紹介してもらって、新しく撮ったほうがいいです。

スタジオでプロフィール写真を撮影するメリットは、いわゆる「盛った写真」ではなく、「あなたの良さがそのまま伝わる写真」がとれる事です。

費用は数千円なので、ここはケチらずにプロに頼んだ方が良いです。

男性会員と会うまでの流れ


結婚相談所で男性会員と会うまでの流れは、以下3パターンです。

専任担当者から紹介を受ける

事前に希望・条件をヒアリングしてもたった上で、専任担当者から男性会員の紹介を受けます。

会う前にプロフィールを確認できるので、実際に会わずに断るのも全然OKです。

「タイプからちょっと外れていても、積極的に会ってみた方がよい。」というアドバイスをする人もいますが、個人的にそれはあまりおすすめしません。

自分の中での許容ラインというのはやっぱりあるはずなので、違和感のある場合は無理に会う必要はないです。

会ってみたい男性会員を探す

担当者から紹介してもらう以外に、会員データベースを利用して男性会員を検索する方法もあります。

年収や学歴など、「聞きにくいけど知りたいこと」を事前に知る事ができます。

相手の意向もあるので必ずしも会えるわけではありませんが、気になる男性に積極的にアプローチしていくとよいです。

男性会員からアプローチされる

逆に、あなたのプロフィールを見た男性会員からアプローチがくる事もあります。

この場合、あなたがシングルマザーである事をプロフィールで確認した上でアプローチしてくれているので、かなり確度が高いです。

気になる男性からアプローチがきたら、積極的に会っていった方がよいです。

シングルマザーのお見合いのコツ


男性会員とのマッチングができたら、いよいよお見合いです。

場所は、人が比較的少なくて机の間隔も広い、少し高級目なホテルのカフェが多いです。

最初は食事というよりもお茶なので、万が一合わなくても数十分で解散できるので気が楽です。

お見合いといっても、ただのデートなので気負いすぎる必要はありませんが、シングルマザーが知っておくべきお見合いのコツがいくつかあるので、紹介しておきます。

お見合いの服装はシンプルに

お見合いでは、シンプルで清潔感のあるファッションを意識してください。

普段着すぎる服装は避けた方がよいですが、あまり気合を入れすぎるとかえって逆効果です。

ブラウスとスカートといった、いわゆる「定番ファッション」でOKです。

また、香水は緊張して体温があがると香りが強めにでることがあるので、つけないか、いつもより少なめにしておいた方がよいです。

離婚歴に関する説明は簡潔に

シングルマザー婚活において、離婚歴に関する説明は避けては通れない話題です。

全てを事細かに説明する必要はありませんが、簡潔かつポジティブに離婚歴を語れるように準備しておいた方がよいです。

離婚歴については自分から積極的に話題に上げる必要はないので、相手から聞かれたり、話題の流れがきた時に話す程度でOKです。

離婚歴について話す際は、自虐的な伝え方はしない方がよいです。

コツとしては、淡々と事実ベースで話すのが一番好感触です。

次のデートの約束を取り付ける必要はない

普通のデートでは、いいなと思った男性に対して次のデートの約束を取り付けておかなければと思いますが、結婚相談所ではその必要がありません。

結婚相談所の良い所は、お見合いしてから、後日担当者が仲介となって「また会いたいかどうか」の確認を個別にしてくれる事です。

担当者が両者にヒアリングしてくれるので、曖昧な状態で終わるという事がありません。

お見合い中に無理して空回りする必要は全く無いので、その場では自然体で会話を楽しむことを第一に考えてください。

まとめ

結婚相談所の一番のメリットは、改めて再婚についてじっくり考える機会ができる事です。

わたしはサンマリエで無料カウンセリングを受けましたが、自分の再婚に対する考えを整理するきっかけになりました。

カウンセリングでは営業トーク感が全くなかったので、気持ちが行き詰っている方はためしに予約してみるとよいと思います。